【リョナ×エロティック要素】エリョナの魅力と心理メカニズムとは?

アニメ【聖痕のクウェイサー】より

世のなか「脚フェチです!」という人間も、おっぱいにドキドキする事はあるし、

百合が大好きという人が、男女の絡み合いに、興奮することもある。

このように、属性は1つだけと限らない事実は、意外に意識されない事が多い。

しかし、それらのジャンルが“ミックス”されたとき、とんでもない興奮シーンが誕生する。

そのなかでも今回は「リョナ」「エロティック」が、かけ合わされた

“エリョナ”の種類や、メカニズムについて、お話して行きたい。

興奮の心理を知ると、より大きな快感の追求に繋げられるので、

ぜひ愉しみつつ、お読み頂けたら幸いだ。

エリョナの魅力は無限大

エロリョナは、いちおう別物と思っている人も多いが

もともと共通の要素が、沢山ある。

2つのメカニズムや、エリョナの種類について、かみくだいてお話して行きたい。

興奮のもとにある要素

リョナ=苦悶している姿に欲情、というのは間違っていないが、

さらに深堀りすると「対象のことが好き」だからこそ、興奮できる。

そして「あのヒロインが、こんな表情するのか!こんな喘ぎ声出すんだ!」

・・という好奇心こそが、リョナ心理の根源。

そのため、じつは性的興奮と、とても似ている。

共通する属性同士、とても相性が良く、2つがミックスされたとき

さらに興奮が倍増するのは、当然という事ができる。

間接的エリョナ

エリョナの種類について、まずは間接的と言えるケースから。

アニメ【セーラムーン】より

このセーラーヴィーナスのリョナは、短いスカートから伸びる脚が、

どう見てもエチく、頬を紅潮させて喘ぐ表情も、たまらない。

直接、エチい行為は、加えられてはいないものの、

こんな風にリョナられていては、性的興奮も感じずにいられない。

まさに立派な、間接エリョナシーンと言える。

直接的エリョナ

次は、いちばんイメージしやすい直接的エリョナ。

アニメ【UQ HOLDER!】より

よくあるのは、コスチュームをビリビリ破いたり、装身具を壊したり・・といったシチュだが、

もっと直接的になると、対象の身体を性的に弄んだり、

以下のように、顔を舐めたりと、とても具体的。

とうぜん欲情の刺激も、最高潮となり

見ている側は、もうたまらない!

一般アニメにおける至高のエリョナ

せっかくなので、筆者イチオシのエリョナシーンも、ご紹介しておきたい。

アニメ【フリップフラッパーズ】より

フリップフラッパーズという、すこしマイナーなアニメより。

主人公のココナは、首を締められて拘束されてしまい・・

その状態から、眼前に引き寄せられる。

間近に顔を近づけて「うふふ・・カワイイ♡」囁いたり、

顔をなでたりと、百合的に弄ばれる。

このあと、ココナの太ももに埋め込まれている、重要アイテムを奪おうとする。

そのまま上へと持ち上げ・・

取り出すため、スカートの中に手を伸ばされる。

締め付けで喘いでいたココナは、この刺激にビクッと痙攣。

表情がすばらしく、最高潮にフェチ心も、くすぐられる。

数あるアニメでも、まさに至高のエリョナシーンだと感じる。

【エリョナの魅力とメカニズム】まとめ

ヒロピン好きが、ヒーローのピンチに萌えてしまったり。

ソフトリョナラーの人が、過激なリョナシーンに興奮したり・・。

同じリョナの中でも、好みは交差する事がある。

このように、いわゆる性癖というのは、とても奥が深い。

なお自身の趣味に関しては、とくに誰かにカミングアウトする必要も無く、

恥ずかしいと、封印しない方が良いと思う。

むしろ、どんどん追求して愉しみ、日常のストレスから解放された方が健全だ。

筆者もこの先、さらなる新しいジャンルを、追求して行きたい。

≫【魔法少女にあこがれて】ヒロピンやリョナ心理をズバリ表した名作

タイトルとURLをコピーしました